那智 熊野古道の銘茶

 当サイトでは覆面調査をしております。
材料と味と価格リーズナブル価格手作りオーガニック

那智勝浦

山深い那智の滝
nachinotaki

一般に薫り高いお茶の産地は昼夜の温度が大きい、谷深く朝夕、霧がかかるところが良いとされています。

那智勝浦の牛糞、醤油粕、米ぬかなどを発酵させた色川製堆肥を使う。
創業者
畑の前で”主婦の友社”の取材に答える創業者榎本さん。


農薬の使用をやめ、自然農法に切り替えたのが1983年
安心して飲んでもらえるお茶を作りたいと各地を視察して踏み切ったが、最初は苦心が多かった。
数年たつうち、てんとう虫やカマキリ、クモ等が戻ってきて、害虫の被害も減った。
牛糞を肥料として使ったのも木に力が与えたようだ。
 那智山麓の茶畑
お茶農場
〒649-5454 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町 熊瀬川 549-2 農事組合法人両谷園
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・
 
地図

地図


 










平成24年新茶予約受付中!

農薬を使わないお茶

煎茶袋入り

こだわりのグルナビお薦めの
無農薬茶 無農薬紅茶 無農薬の
ほうじ茶

”化学肥料で茶畑の近くの池が銀色
になってしまっている。”

という報道がされているが、ここ
では肥料は鶏糞、牛糞、堆肥が中心。

無農薬のお茶である。味はまろやか
な甘みが有り、何回でも出る。


大雲取

大雲取山から命名した両谷園自慢 の煎茶


紅茶いろかわ

紅茶
二番茶を発酵。安心の紅茶。 輸入紅茶ほどの香りの強さは無いが やさしい味の紅茶。

上ほうじ茶

上ほうじ茶
一番茶を焙じた最高のほうじ茶


| お問合せ | LINK |
酵母パンtop酵母パンtop伝承医学伝承医学無農薬野菜無農薬野菜TOP


リンクフリー 相互リンクに左をコピーしお使い下さい。 こだわりのグルナビ